事業内容 分析・検証 できるかどうか調べてみます

事前調査を進めて、今描かれている構想がイベントとしてあるいは事業として成立・成功するのかどうか、この答えを具体的に出し、クライアントへの判断材料をご提供します。

具体的には、開催地調査、環境調査、消費者動向調査、交通調査、会場地調査、イベントの訴求効果、安全性、快適性、集客性、波及効果、費用対効果などを数値データ、図面データ、状況データなどを収集し、これらのデータをもとに、成立性の検討をはじめます。

主催者の立場から

「この体制でやっていけるのか」
開催実施の組織体制、スケジュール立案、事業収支の検討などの全体推進体制の検討を行います。

来場者の立場から

「この場所で、このテーマで安全で快適にできるだろうか」
開催地テーマや主旨、会場条件、会場規模、安全性、観客の流動予測などの会場計画にまつわる検討を行います。

計画者の立場から

「駐車場や電車などのアクセスはスムースなのか」
交通アクセスや会期中の入場者数予測による検討を行います。
「話題を呼ぶコンテンツかどうか」
イベント内容の構成や催事などの検討を行います。

最後に法的な条件なども調査をし、成立へのポイントを探ります。

このページの先頭へ

事業内容