防災イベント・危機管理支援

約13,700人参加の大規模防災訓練を計画

第34回九都県市合同防災訓練

がれきからの救出活動

九都県市合同防災訓練は、『訓練はいざという時の判断力を身につける。』を命題に実施されました。大水害・大地震などの甚大な災害発生時に、人員や救援物資の輸送訓練など、日々実践的な訓練を行います。
九都県市と防災関係機関の連携を充実・強化するとともに、市や防災関係機関と住民が一体となり、一人ひとりの減災への備えと防災意識の向上を目指して実施されています。

開催時期
2013年9月1日(日)
開催場所
千葉市 蘇我スポーツ公園一帯
担当工程
  • 分析・検証
  • 企画
  • デザイン・設計
  • 建設・施工
  • 実施・運営
  • 維持・管理

TSP太陽の取り組みと成果

九都県市に在住されている方々に「学んでもらえる訓練を提供する」ことを目的とした「第34回九都県合同防災訓練」は、
参加機関128機関、参加人数約13,700人と、例年にない大規模のものとなりました。

これまでは司会が一方的に紹介しているだけの訓練でしたが、初めて解説者を登用し、なぜ訓練が必要か?を訴えかける訓練となりました。またレポーターを起用し、展示啓発エリアへの中継を行なう等、防災について来場者にも楽しんで学んでもらえる空間演出を行うができました。

  • 迫力ある消火活動

  • 防災訓練を体験する園児

  • 陸上自衛隊 医官による救護訓練

ご依頼・ご相談はこちら。まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

メールフォームから

お問い合わせ

お電話から

03-3719-3721

(土日祝日を除く 10:00〜17:00)

イベント実績紹介

ご依頼・ご相談はこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3719-3721

(土日祝日を除く 10:00〜17:00)