MEMBER
社員紹介
最後にたすきを預かる者としての自覚
技術統括本部
施工監理部 東日本施工2課 担当課長
お客様との打ち合わせにも参加しながら計画を立て、現場の施工、イベント中の現場対応、解体と原状復帰まで行うのが施工課の仕事です。安全で楽しい現場づくりや、最後の仕上げに細心の注意を払い、TSP太陽の看板を背負ってお客様に商品をお届けする責任ある立場です。
楽しくなければ現場じゃない

現場を監督する立場の人間として、私がモットーとしておりますのは「楽しくなければ現場じゃない」ということです。
ギスギスした現場というのはそれだけ事故も起こりやすいですし、進みも悪いです。
全員が共通の目的を認識して、声を掛け合いながら楽しく元気に取り組む現場というのは、やっぱり良いものが出来上がるんですよ。
私がいつも意識しているのは、お互いを名前で呼び合うことと、ちょっとしたことでも声を掛け合うことです。「監督さん」ではなく「橋本さん」と呼べばそれだけ距離も縮まりますし、「今日は暑いね」なんていう一言を交わすだけでも互いを気遣う気持ちが生まれるんです。また、協力会社さんに依頼をする際などは、必ず私から先にご挨拶に行くようにも心掛けています。
もちろん楽しいだけではいけませんから、毎日の朝礼での安全事項の指差し確認や体調の検査など、安全面にも徹底して配慮しています。
しかしこの安全に対する意識も、楽しい現場だからこそ皆で自発的に守ろうとして生まれるものだと思っています。

作業着は、絶対に着崩さない。
TSP太陽の看板を背負っている意識を持ち、常に身だしなみには細心の注意を払う。
しわの一本、ゴミのひとかけらも見逃してはいけない

まだ私が駆け出しだった頃、私が最後にチェックを行った現場にクライアント様が確認にいらした際、床に落ちていた一かけらのゴミを拾われるということがありました。これが本当にショックでした。
それ以来、施工作業完了の際にはスタッフ全員で小さなゴミまで見逃さないよう最終確認をしてから、現場を引き渡すようにしています。
また、仕事に大小はないと考えてはいるのですが、特に皇室関係のイベントを担当させていただく上では、陛下の歩かれる絨毯や座られる椅子のクロスに至るまで、一本のしわもあってはいけないという思いで徹底して注意を払っています。

私たち施工部隊は、各部署の担当が大切に繋いできたお仕事のたすきを、最後に預かる立場にいます。たった一つのミスでもTSP太陽全体の評価に影響してきます。その自覚を持って、TSP太陽の名に恥じない仕事をこれからもしていきたいと思っています。

施工課の携帯するツールは全てが防塵・防水・耐ショック仕様。あらゆる環境下で常に確実に業務を遂行する。
PROFILE
技術統括本部
施工監理部 東日本施工2課 担当課長
お客様とのお打合せの中で施工に関するご提案を差し上げながら計画を立て、会場の現地調査、会場設営の施工管理、イベント当日の現地対応、終了後解体作業と原状回復までを責任を持って担います。
主な対応実績
皇室行事、地方公共団体の各種式典や祭事、フェスティバル会場、各種周年行事 等
CONTACT

CONTACT
ご依頼・ご相談

イベント開催に関するご相談や実績に関するお問い合わせはこちらから

事業に関わるお問い合わせ

03-3719-3721

採用や取材等の本社機能に関するお問い合わせ

03-3719-3724

土・日・祝日を除く 10:00〜17:00

DOWNLOAD DOCUMENT
会社案内ダウンロード

まずは社内で検討されたい方は、弊社の事業内容や実績をまとめたPDFをダウンロードください。