• HOME
  • 新着情報
  • 2020
  • 医師の声から生まれた『PCR簡易検査ブース(BOX)』で院内の飛沫感染防止

TOPICS
新着情報

2020.11.04
医師の声から生まれた『PCR簡易検査ブース(BOX)』で院内の飛沫感染防止

インフルエンザは例年11月から12月頃に流行が始まり、2月頃にピークを迎えます。
2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、各クリニックでは例年以上の検体検査が実施されることが想定されます。

診察するまでインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の区別をすることは難しく、飛沫感染による医療従事者の方々へのリスクを低減するためには慎重な対策が必要です。
クリニックでクラスターを発生させ、風評被害が起きるような事態は確実に防止しなけばなりません。

医師の監修のもと開発された『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は、クリニック内の飛沫感染を防止するソリューションです。
PCR検査システムの豊富な導入実績を持つ TSP太陽株式会社が提供する『PCR簡易検査ボックス(ブース)』について活用方法も含めて詳しく解説し、記事の最後には導入事例もご紹介します。
医療従事者の方、特にクリニック経営者の方はぜひご覧ください。

クリニック院内感染による風評被害の恐ろしさ
徹底した防止策がなされている結果、多くのクリニックでは院内感染を防ぐことに成功しています。
しかし万一にも院内感染が発生した場合、風評被害は甚大です。実際にクラスターが発生した病院などでは、数々の被害が報告されています。

院内感染の風評被害の一例

  • 診療停止や病院封鎖を余儀なくされる
  • 悪い噂が立ち、患者様の足が遠のく
  • スタッフが離職していく
  • 採用活動に影響が出る
  • 電話が殺到し、心無い言葉を浴びせられる
  • スタッフの子供など、家族まで差別が及ぶ

クリニック院内感染の風評は、経営リスクに直結する問題です。
インフルエンザ流行のシーズンに備えて、さらなる防止策の徹底が求められます。

経営リスクを軽減する『PCR簡易検査ボックス(ブース)』とは

『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は、PCR検査の最前線で働く医師や看護師の声から生まれたクリニック用の飛沫感染防止ツールです。
これまで医師会や自治体へPCR検査システムの製品制作と運用サポートを行ってきたTSP太陽株式会社と、岐阜プラスチック工業株式会社とで共同開発されました。

一般社団法人鎌ケ谷市医師会、千葉県勤労者医療協会、かまがや診療所の監修協力のもと、
現場で働く医師や看護師からの声から開発されたこの製品は、新型コロナウイルス対策だけでなく風邪や季節性インフルエンザの院内感染予防に優れた効果を発揮します。

製品のボディ素材である「TECCELL® /テクセル」はプラスチック製ハニカム構造体であり、力学上最も「軽量」かつ「高強度」な中空パネルです。
軽量・小型で工具なしでも組み立てられるため、クリニック等のスペースが限られた医療現場でも容易に設置が可能。ブースタイプと卓上タイプの2つのタイプのが用意されており、様々な現場に柔軟に対応します。

発売からわずか2カ月間で、300を超えるクリニックで導入されました。

なぜ、インフルエンザ時期に『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は有効なのか
『PCR簡易ボックス(ブース)』は、主に次のような効果(メリット)があります。

  • 限られたスペースでも設置できる
  • 工具不要で簡単設置
  • 飛沫・接触感染を予防できる
  • 防護服などPPEの削減
  • シンプル設計で低コスト
  • 丈夫で持ち運びも容易な軽量素材


インフルエンザの主な感染経路は、飛沫感染・空気感染・接触感染です。
新型コロナウイルスも、飛沫感染と接触感染によって主に拡大するとされています。
簡単に持ち運べる軽量素材の『PCR簡易検査ボックス(ブース)』を採用すれば、スペースの限られたクリニック内でも設置でき、飛沫感染・接触感染を防止できます。
低コストに抑えられているため、導入しやすいことも特徴のひとつです。

防護服などのPPEがなくても対応が可能になり、検体採取の担当者や患者様は安心して検査に臨むことができます。なお手袋の部分は消耗品であり、入手が容易なものを採用しているため長期的・慢性的な品切れの心配がない点も安心です。

PCR簡易検査ボックス(ブース)の活用方法

「TECCELL® /テクセル」を用いて作られた『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は、どちらのタイプも軽量で持ち運びが容易です。また、組み立てに特殊な工具を必要としないため、どこでも・誰でも簡単に組み立てることができます。
サイズオーダーにも対応しており、クリニックのように大きなスペースを確保するのが難しい施設でもフィットします。


『卓上タイプ』は、女性ひとりでも持ち運びが可能な重量わずか4kg。さらに折りたたむことで厚さは約12cmになり、使用しないときは簡単にコンパクトに収納できます。スペースの限られたクリニックでも、緊急用や期間限定利用のために常備しておいても負担になりません。


『ボックスタイプ』は、幅90cm×奥行900cm×190cmを規定サイズとして、オーダーメイドによってスペースに合わせた柔軟なサイズ展開を可能にしています。


重量は約30kgで、大人2人による組み立て作業でおよそ5分ほどで設置が完了。ボックスに医師が入って隔離場所として用いたり、ボックスに患者様が入って待機場所として用いたりすることができます。

組み立てが完了したら穴部分に手袋を装着し、利用が開始できます。

導入事例:クリニックで実際に採用された方の声
『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は、すでに多くの病院やクリニックで採用されています。それぞれの現場で購入された理由を伺いました。記事をご覧の方は、近しい事例を参考にしてください。

静岡県清水区の内科病院
【採用商品:簡易検査BOX】
▼採用された方の声
インフルエンザ流行の時期に備え、PCR検査ボックスをインターネットで検索しているときにTSP太陽のウェブサイトを見つけて『PCR簡易検査ボックス(ブース)』を知りました。
他にも同様の商品はあったのですが、『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は設置・撤去・収納・移動が簡単にできるため、場所に困らないことのが一番の決め手になりました。
金額的にも、求めやすかった印象です。

兵庫県西宮市の病院
【採用商品:簡易検査BOX】
▼採用された方の声
「どうすれば検体を採取するドクターの飛沫感染を防げるだろう」と検討しているときに『PCR簡易検査ボックス(ブース)』を見つけました。
採用の決め手は、簡単に設営・撤去ができることです。採用前は「薄くて、もろいのでは?」という心配があったのですが、実際には設置が簡単であるにも関わらず頑丈に作られていたので安心できました。
インフルエンザが流行する際には科が移動するため、それに合わせてボックスの移動が簡単に行えるので助かっています。
検査は行っているけど十分な設備が整っていないような、中堅の病院に特におすすめできると思います。

沖縄県沖縄市の病院
【採用商品:簡易検査BOX LIGHT(上部パネルあり)】
▼採用された方の声
病院でPCR検査を始めることになったので、飛沫感染防止になるような検査ボックスを探していました。医療機器販売会社などの事業者さんに相談していたのですが、なかなか良いものに出会えずにいました。そこでインターネットで検索したところTSP太陽を見つけて、『PCR簡易検査ボックス(ブース)』のことを知りました。
TSP太陽は、似たような商品を扱っている他の事業者さんに比べて納期が早く、しかも注文から納品までの工程(注文書→請求書発行→入金後発送)が確立されていてわかりやすかったので採用を決めました。
インターネットでは鎌ヶ谷病院さんなどの導入実績を見ることができたので、それも安心して購入できるポイントでした。

東京都世田谷区の内科医院
【採用商品:簡易検査BOX LIGHT(上部パネルあり)】
▼採用された方の声
インフルエンザの検査を行うにあたって、飛沫感染を防止できるものがないかを検討していました。スペースが限られているので、求めているのは小さ目のものでした。
他社さんはブースタイプの大型ものばかりだった中で、TSP太陽の『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は卓上タイプで小ぶり。ちょうど求めていたサイズ感だったので、購入を決めました。

岐阜県飛騨市のクリニック
【採用商品:簡易検査BOX LIGHT(上部パネルあり)】
▼採用された方の声
これからPCR検査を導入する予定があったため、前もって必要な器材を探していました。国から要請がきて「いざ始めよう」とした時に器材がないと困るので、先に購入の検討を進めようと考えていたためです。
そのときに新聞の広告で『PCR簡易検査ボックス(ブース)』が目に留まり、インフルエンザ検査の飛沫感染防止用に使えると思いました。
とにかく価格が安かったので、すぐに購入を決めました。

まとめ
未曾有の状況により、医療現場においてはウイルスの飛沫・接触感染リスク低減策の検討、実施が急務となっています。世間が過敏になっている昨今においては、これまで以上に徹底した飛沫感染防止策を講じることが求められます。

TSP太陽株式会社は、イベントの企画・運営会社としてこれまでの経験と知見を活かし、医療現場で日夜活躍して国民の安全を守る医療従事者の方のために、様々な製品を開発・提供してきました。
『PCR簡易検査ボックス(ブース)』は、これらのノウハウを活かしてクリニック等の医療現場でお使いいただけるよう『小型×軽量×低コスト化』を実現した製品です。インフルエンザの流行に備え、風評による経営リスクを回避するためにもぜひご検討ください。

まずは詳しい情報をご確認の上、お気軽にお問い合わせください。

▼公式ホームページ
https://www.tsp-taiyo.co.jp/topics/2020/1423/

CONTACT

CONTACT
ご依頼・ご相談

イベント開催に関するご相談や実績に関するお問い合わせはこちらから

事業に関わるお問い合わせ

03-3719-3721

採用や取材等の本社機能に関するお問い合わせ

03-3719-3724

土・日・祝日を除く 10:00〜17:00

DOWNLOAD DOCUMENT
会社案内ダウンロード

まずは社内で検討されたい方は、弊社の事業内容や実績をまとめたPDFをダウンロードください。