TOPICS
新着情報

2021.02.15
イベント開催時の最新コロナ対策

現地で抗原検査を行う方法とは?

新型コロナウィルス感染症の影響が世界的に拡大する中、日本においても様々な業界で対策に追われています。中でも、コンサートやスポーツ観戦などの多くの人が集まるイベント業に関しては、その開催自体を断念せざるを得ないケースが後を絶たず、対応に苦慮している業界の一つだと言えます。
来場人数を制限しての実施やオンライン開催などに切り替えて対応できているイベントもありますが、業界全体的に見るとそれは理想的な形式とは言えません。将来的な観点で考えるのであれば、従前のイベント開催により近い形での実施をするための方法や対策が求められます。
そこでこの記事では、コロナ禍におけるイベント開催において感染症対策の助けとなる「抗原検査」を活用した方法をご紹介します。
これまでになかった対策として、イベント開催者側や参加者双方に役立つ効果が期待されるものです。イベント開催に携わる方々は、ぜひ参考にしてみてください。

抗原検査とは?
まずはじめに、「抗原検査」とは何かを説明します。
新型コロナウイルス感染症のウイルス学的診断には、主に3つの方法があります。
もっとも有名なのは遺伝子増幅法の「PCR検査」でしょう。この他に、血清学的診断法である「抗原検査」と、「抗体検査」があります。
PCR検査と抗原検査は現在ウイルスが体内に存在しているかどうかを調べることを目的としているのに対して、抗体検査は抗体の有無を調べることを目的としています。

イベント対策としては、参加者がウイルスをイベント参加時に保持しているかどうかを確認することが特に重要です。そのためPCR検査と抗原検査が効果的だといえます。

PCR検査は精度は高いものの、検査に4~8時間もの時間を要するうえ、専門知識を持ったスタッフを必要とするためイベント現場における実施は現実的ではありません。
一方の抗原検査は、PCR検査より精度は若干落ちるものの、極めて短時間で実施できるうえに専門スタッフが居なくても実施できます。

抗原検査の詳細はこちら

イベント開催時に抗原検査を実施するメリット
抗原検査は、イベント会場やその周辺で行いやすい2つの大きな特徴を持っています。PCR検査と比べて検査時間が短い点と、専門スタッフ不要で検査を行えるという点です。

メリット1:検査時間が短くイベント当日に実施可能
抗原検査の実施に要する時間は、15分~30分程度です。会場への入場前に検査時間を確保すれば、イベント当日に実施することが可能です。

メリット2:専門スタッフ不要
検査方法も簡易的なため、管理さえ行えば専門スタッフも不要で実施できます。
精度はPCR検査に劣るとはいえ、その差はわずか(※)です。
※PCR 検査と比較した抗原検査の感度は 88.89%、特異度は 99.05%です。

抗原検査であれば、イベント開催時に時間とスペースさえ確保すれば現地で実施できます。
その場で検査結果も分かるため、陰性の参加者のみを通すようにすれば会場における感染拡大のリスクは大幅に低減します。
効率的な運営体制のもとで活用することで、大きな効果が期待できるといえます。

抗原検査をイベント会場で実施する方法について
イベント会場における抗原検査の実施方法についてご説明します。

必要になるのは、以下のものです。

  • 抗原検査キット
  • 検査のためのスペースや付帯設備
  • 検査を管理運営するスタッフ
  • 会場における検査実施のノウハウ

設備やスタッフなどはそれぞれ個別に手配することも可能ですが、効率やコストの面で最適とはいえません。またイベント会場における適切な運営管理のノウハウがなければ、効果的な検査の実施は難しくなります。
これらをワンストップで依頼し、一元的に実施することが望ましいでしょう。

TSP太陽株式会社が、これを実現します。

TSP太陽株式会社が提供する「イベント会場における抗原検査」の特徴
TSP太陽株式会社は、1955年に設立したイベント運営のプロフェッショナル企業です。
国際的な博覧会やスポーツ大会を含む大小さまざまなイベントの企画、会場の設営や運営に携わり、半世紀以上にわたって幅広いジャンルのイベント成功をサポートしてきました。
TSP太陽株式会社の実績はこちら

経験豊富なイベントエンジニアリング企業が提供するイベント会場向け抗原検査は、比類ない以下のような特徴を持っています。

①ワンストップで手配から検査実施まで可能
TSP太陽株式会社では検査方法などをもれなく把握・管理しているため、ワンストップで依頼をするだけで現地での体制を手配することが可能です。

②現場の管理スタッフも派遣
抗原検査では検査自体に関する専門スタッフは不要ですが、イベント管理上は現場を監督する人員が必要となります。TSP太陽株式会社では実施内容に合わせて必要なスタッフも手配するため、開催者様が検査会場の管理をする必要はありません。
検査に向けた手順や検査方法なども適切に案内できる人員となるため、トラブルやミスなどの可能性も極めて低くなります。
万一陽性が確認された場合でも、迅速に適切な対応を行います。

③設備やブースレイアウトを一任可能
検査ブースの設営に必要な設備やブースレイアウトまで全て一任できるので、現場準備に関しても負担がありません。

④検査キットや感染予防用の備品も完備
検査備品や感染予防備品なども完備しているため、イベント開催者側での手配は不要です。

⑤スタッフの健康管理も徹底
ブースに派遣されるスタッフは、日頃より新型コロナウイルス感染症予防における健康管理を徹底されているため、スタッフを起因とした感染リスクの心配はありません。

イベント開催時における抗原検査の実施フロー
TSP太陽株式会社が提供する抗原検査の仕組みを活用する場合、当日の進行と管理を適切に行うため、イベント参加者の事前受付を行います。事前受付を含めた抗原検査のフローは以下の図のとおりです。

具体的な検査方法
検査キットを用いた検査は以下の図の手順で行います。細かい説明はブース内でスタッフより案内を行うので、ミスも極めて少なく実施することが可能です。

まとめ
イベント開催時に抗原検査が最適な理由と、検査実施方法をご紹介しました。検査自体は世の中に広まりつつあるものの、その運用に関してはまだ知識も少なく実施するハードルが高いと考えていた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
世界的にも未曾有の事態で、様々な場面で性急かつ適切な対応が求められる状況です。イベントに携わる方々においては、今回ご紹介した対策はきっと役立つものであると考えています。興味のある方や検討したいという方は、ぜひ下記までお問い合わせください。

問い合わせはこちら

CONTACT

CONTACT
ご依頼・ご相談

イベント開催に関するご相談や実績に関するお問い合わせはこちらから

事業に関わるお問い合わせ

03-3719-3721

採用や取材等の本社機能に関するお問い合わせ

03-3719-3724

土・日・祝日を除く 10:00〜17:00

DOWNLOAD DOCUMENT
会社案内ダウンロード

まずは社内で検討されたい方は、弊社の事業内容や実績をまとめたPDFをダウンロードください。